副議長 グレッグ・コンベット

2014年就任

6年にわたってオーストラリアの大臣、政務次官という連邦政府要職を成功裏に務めた後、弊社取締役に加わりました。政府では、産業・革新相、気候変動・エネルギー効率化相、国防人事・科学・調達相を歴任。政策立案、主要政策の実施、契約の検証、紛争管理に関する高い能力でよく知られています。その前には、オーストラリア労働組合評議会の書記長を8年間、副書記長を6年間務めていました。オーストラリアンスーパーの理事(2002年~07年)、ME銀行(2006年~07年)の取締役も歴任しており、2014年にME銀行の取締役会に復帰し、2017年、インダストリー・スーパー・オーストラリアの副理事に就任しました。ビクトリア州の二酸化炭素排出削減中間目標に関する独立専門委員会の理事でもあり、また政策提言、ガバナンス、財務管理に精通しています。投資役員会、取締役会人事・報酬委員会、取締役会監査・リスク委員会のメンバー。

続きを読む
取締役 マイケル・ミグロ

2009年就任

資金運用と金融サービス分野で35年以上にわたり、オーストラリアと米国で幅広く活躍してきました。事業戦略責任者(BTファンズ・マネジメント)、共同マネジング・ディレクター(ウエストパック・ファイナンシャル・サービシズ)、最高経営責任者(パーペチュアル・ファンズ・マネジメント、プリンシパル・グローバル・インベスターズ・オーストラリア)、社長兼最高執行責任者 (ポスト・アドバイザリー・グループ)など、さまざまな立場で重要な経営幹部職を歴任してきました。現在は、インダストリー・スーパー・ホールディングズの取締役であると同時に、オーストラリアの産業別年金基金向け大手金融商品・助言サービス提供会社であるインダストリー・ファンド・サービシズの取締役、スティーブ・ウォー・ファウンデーション・オーストラリアの投資委員会委員も務めています。2014年、産業別年金基金やオーストラリアの顧客企業向け保険ソリューションの提供会社である、IFSインシュアランス・サービシズの取締役に加わりました。取締役会監査・リスク管理委員会と取締役会人事・報酬委員会委員長および投資役員会メンバー。

続きを読む
取締役 ジョン・デントン

2018年就任

政府機関、職場労働関係、国際貿易や投資の分野においてグローバルに活躍する法務の専門家であり、グローバル・ポリシーの策定におけるアドバイザーを務めています。2016年6月には、パリに本部を置く、国際商業会議所 (ICC=International Chamber of Commerce)の初代副議長に指名されました。オーストラリア人としてこのようなポジションに任命されるのは初めてのことです。国際商業会議所のG20 CEO アドバイザリー・グループのメンバーも務めております。G20 のビジネスに特化したグループであるB20の創設メンバー2名のうちの一人であり、オーストラリアのB20リーダーシップ・グループのメンバーでもありました。オーストラリア・ビジネス評議会グローバル・エンゲージメント・タスクフォースの議長、シンクタンクのアジアリンクおよびオーストラリア国立バレエ団の取締役、オーストラリア人権委員会における文化的ダイバーシティ指導者会議のメンバー、インドネシアへの投資と貿易に関する専門家グループの名誉議長、および豪中CEO討論会の創設メンバーを務めています。

オーストラリア政府アドバイザリー・パネルの主要メンバーとして、「アジアの世紀におけるオーストラリア」白書を監修し、オーストラリア政府内閣府の分科委員会や戦略的諮問委員会のメンバーとして、政府に対して政策の実施や課題について助言をしておりました。The Independent Review of Aid Effectiveness(オーストラリア政府による援助計画の精査を担う独立機関)において政府指名のパネルメンバーを務めた経験を持ち、10年以上継続して国連難民高等弁務官事務所のオーストラリアの所長を務めております。外交官の経験を持ち、これまでの経済商業分野における功績(特に法曹分野)、ビジュアル・舞台芸術分野における功績、社会福祉や難民の権利の分野での功績が認められ、英女王よりオーストラリア勲章(オフィサー)を2015年に授与されています。投資役員会のメンバー。

続きを読む
取締役 グラント・デンプシー

2018年就任

投資銀行とファイナンス分野における豊富な実績を持ち、IFMインベスターズの取締役に加わりました。30年を超える上級幹部、アドバイザー、インベストメント・バンカーとしてのキャリアを通じて、50件以上の戦略的取引を成立させ、ASX50指数に含まれる企業30社や、またインフラ、金融サービス、資本財、資源、プライベート・エクイティおよび不動産分野にわたる大手グローバル企業や非公開会社への助言を行ってきました。現在は、ANZバンキング・グループのファイナンス部門のシニア・アドバイザーであり、以前はJPモルガンの(オーストラリアおよびニュージーランド地域)投資銀行部門の責任者を務めていました。2010 年からミッション・オーストラリアの社外取締役。

続きを読む
取締役 デボラ・キアーズ

2014年就任

大手企業・組織向けの長きにわたる国際的なコンサルティング業務活動を経て、弊社取締役に就任しました。コンサルティングを行った業界は、電力・資源、資本財、金融サービス、製薬、インフラ、小売業、ヘルスおよび公共サービスなど多くの業種にわたっており、インフラアセットの取得・運営を支援した経験も有しています。また、戦略の策定、企業文化の構築、業績向上に関するコンサルティングと同時に、CEO、経営陣、取締役への幹部コーチングを行ってきました。現在は、JMWコンサルタンツでアジア太平洋地域を担当するマネジング・ディレクターを務めており、アジアにおける事業展開の複雑性について幅広い知識を有しています。以前には、オーストラリア政府の複数の省庁でコンサルタントや顧問としての勤務経験もあります。投資役員会のメンバー。

続きを読む
取締役
キャロル・グレイ

2016年就任

金融、テクノロジーサービス業界での幹部職、取締役を歴任し30 年超にわたる幅広い経験を有しています。弊社取締役就任前は、カナダのエクイファックス社の社長兼ゼネラルマネージャーを務め、分散化されたポートフォリオに対し収益・データ分析が可能なリスク管理プロダクトを導入しました。それ以前は、カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマースにて商業銀行業務、スモールビジネス向け銀行業務、リスク管理および戦略企画に携わり、幹部職を務めました。またさまざまな企業、非営利団体の取締役も務めてきた幅広い経験を持ち、過去にはカナダ・エクイファックス社の顧客諮問委員会の委員長、カナダ・アメリカンエクスプレス・バンクの取締役、アメックス取締役会のリスク委員会委員長、トレント大学の年金投資委員会および大学基金土地計画委員会のメンバー、トレント大学理事会の議長を務めました。最近、同氏は7年間にわたり取締役およびリスク委員会の議長を務めてきたインフラストラクチャー・オンタリオの取締役会から退任しました。それ以前はオンタリオ・リアリティ・コーポレーションの取締役会議長を務めていました。両社はオンタリオ州の管轄下にあり、公共インフラ、公共財の価値の最大化や近代化を進めるための同州によるイニシアチブを支援するため、さまざまなサービスを提供しています。投資役員会および人事・報酬委員会メンバー。

続きを読む
取締役 アリソン・ラーソン

2018年就任

約30年に及ぶ金融業界での幅広いキャリアを持ち、弊社取締役に加わりました。前職では、ANZバンキング・グループでグローバルな複数の職責を含む重要な主導的役割を担っており、電力、公共事業、インフラ、自然資源、資本財、不動産等、数多くの分野にわたる銀行業務の経験を有しています。それに加え、大規模業務部門のチーフ・リスク・オフィサーなど、リスク管理において数多くの要職を経験しており、信用リスク、オペレーショナルリスク、コンプライアンスおよびガバナンス分野での豊富な経験があります。ANZで金融サービスに携わる以前は、公認会計士業務、石油・ガス分野を担当しており、グローバル規模のプロジェクトファイナンスに携わっていました。マクファーレン・バーネット医学調査および公衆衛生研究所の理事。同研究所は、健康問題の持続可能な解決を導くために、疾病に関する研究結果の解明、発見、論証活動を促進し、オーストラリア国内および世界で支援を必要とする地域社会の健康増進の実現を使命に掲げる機関です。

続きを読む