David Neal
デイビッド・ニール 最高経営責任者

2020年入社

IFMインベスターズの最高経営責任者として、経営全般にわたる戦略の実行、および顧客、株主、従業員への高い成果の提供という責任を担い、世界9拠点に展開する、インフラストラクチャー・エクイティ、デット、上場株式、プライベート・エクイティの4つの資産クラスを運用するグローバルビジネスを率いています。

IFM入社以前は、豪州のソブリンウェルスファンドであるフューチャー・ファンドの最高経営責任者(CEO)を2014年以来務めていました。ニールは、初代最高投資責任者として2007年にフューチャー・ファンドに参画し、投資チームを設立し、ファンドの投資モデルを構築・設計しました。

それ以前は、ウィリス・タワーズワトソンにて15年間勤務しました。同社の英国拠点にてキャリアをスタートした後、豪州におけるインベストメント・コンサルティング事業を設立・リードし、豪州有数のインベストメント・コンサルティング事業へと成長させ、ウィリス・タワーズワトソン豪州のインベストメント・コンサルティング事業責任者として、フューチャー・ファンド(2006年設立)に対してアドバイザリー・サービスを提供するチームを率いました。