マレー・ブリーチ 取締役

2010 年就任

会計・金融業界で30年を超える経験を有しています。KPMGのシドニーとテキサス州ダラス拠点で公認会計士として勤務した後、1987年にバンカーズトラスト・オーストラリアに入社し、金融サービス部門に転身しました。マッコーリーによるバンカーズトラスト・オーストラリアの買収に伴い、マッコーリー・グループに入社。この時期にはマッコーリーの米国インフラ部門最高経営責任者として、米国インフラ事業の構築を指揮しました。前職はイントール・グループの最高経営責任者であり、2013年7月の売却までエラリング・エナジーの非業務執行取締役も務めていました。現在、スアサイド・プリベンション・オーストラリアの共同会長、未上場のソーシャル融資会社ソサエティ・ワンの会長、ストロングフォーム・グループの非業務執行取締役、幹部人材紹介コンサルティング会社ダーウェント・エグゼクティブの諮問委員に加え、上場エネルギー調達会社エナジー・アクションの非業務執行取締役、監査・リスク管理委員会委員長、報酬委員会委員長を務めています。弊社取締役会投資委員会の委員長。